濱崎だけどトピ

離婚を決めたカップルの破局の原因で一番多いのは異性関係のごたごたで、浮気に走った夫に心底呆れ果てて離婚を決意した方が思いのほかいるものなのです。

夫あるいは妻を持つ立場の人物が配偶者とは違う相手と性的な関係となる不倫という行為は、許しがたい不貞とされ一般的に看過できない問題とされるため、肉体的な関係に至った時に限り浮気とする見解の人も多いです。

浮気調査を依頼するのは、浮気をやめさせて壊れかけた仲を元通りにするためやその相手に向けて慰謝料請求をするための証拠集めや、浮気が原因となる離婚の交渉を優位な状況で終わらせたいというケースが主流です。

浮気や不倫に関する調査に限らず、盗聴器あるいは盗撮器の発見調査、結婚に際しての相手の身元調査、法人向けの企業調査、他にもストーカー対策依頼まで、多様な問題を抱えプロの探偵へ相談に訪れる人が多くなってきています。

不倫という行為はたった一人では逆立ちしても実行することはあり得ないもので、相手をする人がいてようやく実行可能となるのですから、民法719条の共同不法行為を行ったことになります。


専門的な浮気調査と言えど100%完遂してくれる業者は存在するはずがないので、成功率が高いと謳っている会社にはなるべく用心してください。納得のできる探偵業者の選択がとても重要です。

公判の席で、証拠にはなり得ないということになったらせっかくの調査が無駄になるので、「裁判に勝てる調査資料」を揃えることができる確かな実力を持つ探偵業者に依頼することがとても大事です。

『絶対浮気している』と思ったら速攻で調べ始めるのが最良のタイミングで、確実な裏付けが取れないまま離婚の危機になってから大慌てで調査を開始してももうどうしようもなくなっていることもなくはないのです。

日本中にある探偵事務所の約9割が悪徳な探偵社だという残念な情報も出されているようです。ならば業者に依頼しようと思ったら、手近な業者ではなくて古くからの実績のある業者を探した方がいいと思います。

妻の友人の一人や会社の部下など手近な女性と浮気をしてしまう男性が増える傾向にあるので、夫の辛気臭い話を優しく聞いてあげている女性の友達が実を言えば夫を寝取った張本人などということだってあるのです。


警察は業務の範囲で起きた事件を捜査し解決するものですが、一方で探偵はそれとは守備範囲が微妙に異なり事件が起こる前にそれを抑えることに手を尽くし私的生活関係上の非合法な状況を明らかにすること等が主な業務内容となっています。

それぞれの探偵事務所により様々ですが、浮気についての調査料金を割り出す目安として、1日あたり3~5時間の業務、調査委員人数が2人または3人、特殊な案件の場合についても増員は4名までとする浮気調査パックを設定しているところが多いです。

一般に言われる浮気調査とは、結婚している男女のどちらかや婚約しているかまたは恋愛関係にあるパートナーに他の異性と浮気しているような様子が出てきた時に、それが真実か否かを確かなものとするために疑いを持った本人または第三者が実行する活動のことで正しい知識と冷静さを必要とするものです。

ただ一度の肉体関係も立派な不貞行為ということになりますが、離婚原因とするためには、度々明らかな不貞行為を続けているということが示されなければいけません。

探偵会社は調査にかかる費用と調査技術のレベルが比例関係にないことが非常に多いと言われているので、口コミのサイトや比較するサイトを上手に利用して出来る限り多くの業者を見比べることが必要になります。


浮気調査を宮崎で依頼する前に必ずココを見てください(日々更新)